header

【店舗VS電脳】短所対決&赤字回避方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!
 
超組織不適合者
刈り取りせどらー みさとんです(*'(00)’*)
 
 
 
【店舗VS電脳 アンケート】
 
昨日に引き続き、みなさんの意見を基に
今日は短所の比較です!
 

店舗せどりの短所
・荷物が重い
・移動時間がかかる
・体力を使う
・不発時のコストが大きい
・車がないと不向き
・値崩れが起こりやすい
・動き回らなければいけない
・泥臭く動いて非効率

 

電脳せどりの短所
・購入から出品まで時間がかかる
・コンディションが不安
・事前の情報収集が必要
・現物を確認できない
・荷物の受け取り回数が多い
・競争が激しい
・値崩れする
・動かないので太りそう

 
 
 
店舗の短所は
「肉体的にしんどい」
ってところでしょうか。
 
 
私はまさしくそれが
電脳のみになりました。
 
 
体力無いし、車も無いし
しんどくて仕方なかったです。
 
 
移動時間とかも考えると
思うように仕入れが出来なかった時の
ダメージはキツイですね。
 
 
 
 
電脳の短所は、「なんか不安」
って感じですね笑。
 
 
電脳メインでやっている人が少ないので、
未知なる領域への不安感があるのでしょうか。
 
 
私も、商品の状態が確認できなかった
ことでの失敗は何回かあります。
 
 
メルカリなんかだと
変な商品が届いても評価前なら返品できますが
 
ヤフオクは先払いなので、そうもいかないです。
 
 
これも慣れですね。
 
 
怪しいのは鼻が利くようになります笑
 
 
 
 
「太りそう」
 
…大正解w
 
会社辞めて、電脳ばっかりしてたら
3キロ太りましたww
 
 
最近は、頑張って運動してます笑
 
 
 
あとは、店舗と電脳の両方
「値崩れする」ってありますね。
 
 
これは、せどりあるあるなので
ある程度仕方無い面もありますが
 
経験値次第かな、とも思います。
 
 
店舗でも電脳でも
セール品は値崩れしますし
ニッチな商品は安定してます。
 
 
結局、値崩れしやすい商品を選んでるってことです。
 
 
・その他大勢のせどらーと同じものしか見ていない
  
 
・「○○が良い」って聞いたらそればっかり追いかける
 
 
こういう動きをしていると
いつまで経っても稼げません。
 
 
 
たとえ価格が暴落しても
自分で刈り取って相場を元に
戻してあげるのもひとつの手法です。
 
 
 
株で言うところの
「ナンピン買い」もできます。
 

例えば、5000円の商品を
5個仕入れたとします。
(25000円分)
 
 
しかし、値崩れが起きて
3000円まで値下がりしました。
 
 
利益を出すには6500円くらいまで
価格が戻らないといけません。
 
 
そこで、値下がった3000円
商品を20個刈り取ります。
(60000円分)
 
 
すると、
(25000円+60000円)÷25個3400円
となり、ひとつあたりの仕入れ値が
3400円まで下がります。
 
 
3400円で仕入れた商品の利益を
出そうと思うと、4500円くらいまで
価格が戻れば赤字にはなりません。

 
 
と、いうように平均取得価格
下げることにより、赤字を出さない
という考え方もあります。
 
 

 
長くなっちゃうので簡単に説明しましたが
意味はわかったでしょうか?
 
 
実際やるとなると、もう少し分析が必要になるので
気を付けてくださいね。
 
 
 
ではまた(*'(00)’*)
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
リピート仕入れせどらー みさとん
【無料】メールマガジン配信中【無料】

メルマガを登録してくださった方に
せどりパーフェクトマニュアルをプレゼント☆

実際に仕入れた90店舗・900商品のリストを公開!
電脳でも使えるノウハウや納品方法経費の話など
すぐに役に立つ情報が盛りだくさん!

▼無料でノウハウを受け取る(ここをクリック)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 

コメントを残す

*

リピート仕入れせどらー みさとん