header

そもそも、「せどり」って何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「せどり」とは・・・?

せどり

せどり(競取り、糶取り)とは、

『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。
また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』

を指すが、一般的には古本用語を元にした
「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。

Wikipediaより引用

———————————————

「せどり」は江戸時代からある歴史のあるビジネスです。

キチンと説明されるとなんだか小難しいような気がしますが

結局のところは

『安く買って、高く売る』
 
その差額を利益とするシンプルな商いです。

現代のせどり

江戸時代からせどりが存在してるとはいえ、今は21世紀。
 
今まさにせどりを始めようとしているあなたに
現代のせどりについて説明します。
 

どこで売るの?

 
まず、自分で何かを売ろうと思うと当然「販売場所」が必要になります。
 
お金持ちなら、人通りの多い一等地にお店を出すでしょう。
お金をかけて広告もたくさん打ちます。
 
でもそんなことが出来る人なんてごくわずか。
(そもそもそんなにお金持ちならせどりやらないと思うけどw)
 
現代のせどりビジネスでは実店舗なんて必要ありません。
 
何故なら、「Amazon」があるから。
 
Amazonを使う理由はこんなメリットがあるからです。
 
 

メリットその① 国内最大規模の集客力

 
Amazon.co.jpは、PCからは月間1,624万人
モバイル端末からは月間3,296万人が訪れる
超巨大オンラインストアです。
 
更には
 
圧倒的な集客力と、見やすい商品ページ、SEO(検索エンジン最適化)、
SEM(検索連動型広告)、アフィリエイト、メルマガなどの
販売促進機能を提供し、出品をサポートします。
 
と、Amazonさんが自分で言ってくれてます笑
 
宣伝や集客をプロ中のプロが全てやってくれます。
なので、初心者でも簡単に物を売ることができます。
 
 

メリットその②  「FBA」という仕組み

 
Amazonには「フルフィルメント by Amazon」というサービスがあります。
 
略して、「FBA」
  
私たち、セラー(出品者)がFBAの倉庫に販売する商品を納品します。
 
そのあと、お客様が商品を購入してくれるのですが
 
受注管理、在庫管理、商品仕分け、ピッキング、梱包、
 
発送、代金請求、決済処理 など…すべてAmazonがやってくれます。
 
「お急ぎ便」にも対応してくれるので、購入率がアップします。
 
 
もしこのサービスを使わずに全て自分でやろうと思うと
仕入れをする時間が作れなくなります。
 
商品を保管する倉庫も必要になりますし、物理的に限界が来てしまいますね。
 
 
あとは、「Amazonから送られてくる」=「Amazonの在庫から買ってる」
勘違いしているお客様も居ます。
 
なので「FBAを使うから稼げる」と言っても過言ではありません。
 
 

どこで仕入れるの?

 
「Amazonで売るのはわかったけど、どこで何を仕入れたら良いの?」
って思いますよね。
 
一個人が商品を仕入れようを思うと、「卸」を想像するかもしれません。
 
でもいきなり卸と契約するなんて難しいですよね。
せどりはそんなことしなくても良いんです。
 
何故なら、普通のお店で仕入れることが出来るから。
 
 
実店舗(店舗せどり)なら
家電量販店・ホームセンター・スーパーマーケット・ドラッグストア etc…
 
インターネット(電脳せどり)なら
オンラインストア・フリマアプリ・ヤフーオークション etc…
 
どこでも仕入れることができます。
 
 
一般のお店では、販売スペースを確保する為や
キャッシュフローを円滑にする為にセールを開催したり
処分価格で投げ売りすることがあります。

 
また、いくらネットの価格相場があっても
全ての商品に対応させるのは難しいです。

 
更に、人気商品や廃盤商品にプレミア価格がついたとしても
定価以上で販売することが出来ません。
 
 
Amazonと店舗で価格差が生まれるのは
こういった原因があるからです。
 
 

物販なのにリスクが無いって本当?

 
売り場所も仕入れる場所も分かった。
でも売れ残ったらどうするの?
と、心配するかもしれませんが、まず問題ありません。
 
なぜなら「モノレート」というサイトで
仕入れようとしている商品が
 
いつ、いくらで、どれだけ売れたかという情報を
細かく知ることができるからです。
 
 
ほぼ確実に売れるものしか仕入れないので
正しい方法でせどりをしていれば
損をする方が難しいかもしれません。
 
 
せどりが物販である以上、不良在庫をゼロにすることは
難しいですが、トータルで黒字になれば問題ありません。
 
 
ひとつひとつの商品を見るのではなく
「トータルで勝つ」とい考え方が非常に需要になります。
 
 
商品の一部は赤字で売ることがあるかもしれませんが
黒字で売る商品が圧倒的に多いので
ちゃんと儲かるようになっているのです。
 
 
 
 
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
リピート仕入れせどらー みさとん
【無料】メールマガジン配信中【無料】

メルマガを登録してくださった方に
せどりパーフェクトマニュアルをプレゼント☆

実際に仕入れた90店舗・900商品のリストを公開!
電脳でも使えるノウハウや納品方法経費の話など
すぐに役に立つ情報が盛りだくさん!

▼無料でノウハウを受け取る(ここをクリック)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

*

リピート仕入れせどらー みさとん