header

③Amazonでお酒を売る為に必要なこと:酒類販売管理研修

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 
こんばんは!
 
超組織不適合者 リピート仕入れせどらー
みさとんです(*'(00)’*)
 
 
 
この間、酒類販売管理研修を
受講してきましたよー!
 
 
▼過去記事



 

酒類販売管理研修って何するの?

 
割とふわふわした気持で参加したんですが
参加者も多いし、分厚いテキストとかあって
なかなかの場違い感でしたw
 
 
「酒類管理者」はお酒を扱う店舗に必ず1人は必要です。
 
なので受講者はコンビニ関係の方が
大半だったように思います。
 
 
 
研修内容は、
 
・未成年者飲酒禁止法
・酒類の表示基準

 
の説明割合が多かったです。
 
その他は
 
・独占禁止法
・食品衛生法
・酒類の商品知識

 
などをサラッと流して終わりです。
 
 
 
未成年者の飲酒に関して
かなり重点的に説明されました。
 
 
店舗での販売だとお客さんに
年齢確認するのは大変そうですが
 
Amazonは決済画面に年齢確認が出るので
そういう点ではあまり心配しなくて良さそうです。
 
 
もちろんヤフオクとかで販売する時にも
年齢確認は必要です。
 
 
今までそんなの気にしたことが無かったので、
勉強になりました。
 
予定では3時間でしたが
2時間ちょっとで終わりました。
 
 

受講料はいくら?

 
受講料は開催する団体によって違いますが
大体4000~5000円(テキスト代込)くらいです。
 
 
ちょくちょく法改正されるらしいので
三年毎に受講が必要になります。
 
 
最後まで受講したら、こんな受講票が貰えます♪
 

 
 

酒類販売免許が取得できるのはいつ?

 
酒類販売免許取得の準備が着々と進んでます☆
 
 
あとは2017年分の確定申告をしてから
税務署に申請するだけです。
 
 
そこから審査に2ヶ月くらいかかるらしいので
全て終わるのは春になりそうw
 
 
確定申告を待たなければ、あと1ヶ月は早まりますが
税務署の心証を良くする為には仕方ないですね。
 
  
ん~~長い!!笑
  
 
 
 
ではまた(*'(00)’*)
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
リピート仕入れせどらー みさとん
【無料】メールマガジン配信中【無料】

メルマガを登録してくださった方に
せどりパーフェクトマニュアルをプレゼント☆

実際に仕入れた90店舗・900商品のリストを公開!
電脳でも使えるノウハウや納品方法経費の話など
すぐに役に立つ情報が盛りだくさん!

▼無料でノウハウを受け取る(ここをクリック)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

*

リピート仕入れせどらー みさとん